旧作をIBooksで読む

106399

名作と評価されている作品を、電車の移動中に読んでいるのですが、最近は芥川龍之介の羅生門と夏目漱石のこころを行き来しながら読み進めるという読み方をしています。

4101010137羅生門はページ数が少ないので、こころをしばらく読んで羅生門を少し読み進める。そしてまたこころを読んで、羅生門を読み進めると終わりが来て、また羅生門を初めから読み返します。

そんな遊びを行っています。