深い河

8A2AC017-BDA1-4883-9526-487EC9E7B176

遠藤周作の作品は3冊目で、随分前に沈黙を読んで、次に侍、そして今回の深い河の順番で読みました。

この3冊を読んで、作中に神や祈りの表現がいくつもあって、罪や罰などの表現もあり苦しくなるような、信じがたい話もありました。

作品の中から語りかける主人公たち、作者の解説、読み進めて感じ取る自分だけの感覚が今回の深い河を読み終えて、他2冊の余韻も思い出されました。